トップページ > リスティング広告(PPC広告)を行う上で大切な事とは?

リスティング広告(PPC広告)を行う上で大切な事とは?


リスティング広告(PPC広告)を行う上で大切な事とは、
リスティング広告(PPC広告)で利益を上げる仕組み でも説明しましたが、
まずは、「 粗利益 と 経費 のバランス 」です。

利益 = 粗利益 − 経費(広告費等)

経費の場合は、実際に店舗を構えているところでも、 とりあえずは、広告費やリスティング広告の為に使った経費等が含まれると言えます。

ここで分かる通り、利益よりも経費が上回ってしまった場合、 先ほどの計算式の答えがマイナスになった場合はもちろん赤字という事になります。

この事により大事になってくるのが、

「 いかに経費(広告費)を抑えられるか」
という事になります。

ここで、経費を抑えるには2つの方法が考えられます。

1つ目は、「 成約率を上げる事 」です。

そしてもう一つは「 1クリック当たりの単価を抑える(下げる)事 」です。

まず1つ目の「 成約率を上げる事 」についてご説明します。

この「 成約率を上げる事 」とはどういう事かと言いますと、 沢山のクリックを集めようとするとその分の広告費が必要となります。

しかし、沢山のクリックを集めたとしても、 そのクリック1つ1つが売上に直結しなければ意味がありません。

(例)【1】 クリック率から見た成約率

200クリック で 1個 の売上  成約率0.5%
100クリック で 1個 の売上  成約率1%
 50クリック で 1個 の売上  成約率2%

【2】 クリック単価 20円 の場合の経費

200クリック = 4000円
100クリック = 2000円
 50クリック = 1000円

【3】 粗利益が4000円の場合の利益

200クリック = 0円
100クリック = 2000円
 50クリック = 3000円

このように、成約率が高ければ高いほど利益が出る仕組みです。

では、その肝心な「成約率」を上げるにはどのような事をすればよいか。
それは、これらの事が考えられます。

@ 商品選定(企画)
A ターゲットの明確化
B キーワードの選定
C より説得性のあるセールスページ

@ しっかりとした商品企画案を行い
A その商品を求めるターゲット像を明確にして、
B キーワードの選定では、Aのターゲット像より、関連性が高いと思われるキーワードをピックアップして その中で優先順位をつけ、より関連性の高いものだけを選択。

その選択したキーワードをグルーピングします。
※ グルーピング(= 広告グループの細分化
これだけでも成約率を上げる事は充分に可能です。

次に「 1クリック当たりの単価を抑える(下げる)事 」をご説明します。

リスティング広告を行う上で、1クリック当たりの単価を下げる事の重要性はお分かりでしょうか?

1クリック 20円 の単価が 100クリックで 2000円 になるに対し、
1クリック 30円 の単価が 100クリックで 3000円
10円単価が変わるだけで1000円も差が出てきてしまいます。

ここで、1つ商品が売れた場合
クリック単価30円の場合は、クリック単価20円の場合に対し、1000円も利益が減ってしまう事になります。

では、ただ単に安くキーワードを入札すれば良いのかと言うと、 そうは勝手が許さないのがこのリスティング広告なのです。

なぜならば 単価が安いと、広告の掲載場所が下の方になり、目立たない場所になってしまい、 最悪の場合は、表示すらされなくなります。

では、逆に高くすれば良いのかと言うと、これもまたそうでは無いのです。

もちろん、単価を上げると利益が減り、最悪の場合は赤字になります。

では、ここで「広告の掲載順位」について考えてみましょう。

まず、広告の掲載順位というのは、順位が上位になるほど、検索してきた見込み客に対し、 一番目立つ場所に表示されるようになります。

という事は、より上位に表示されていた方が、ターゲット(見込み客)を上手く誘導して売上に結び付け易いと言えます。

特に同じ商品を扱っているライバルが居た場合には、この上位表示がとても重要な要素になってきます。

では話を戻しまして、この「 広告の掲載順位 」というのはどのように決定されているのかをご説明します。

広告の掲載順位は下記の計算式により決定します。

広告の掲載順位 = クリック単価(入札単価) × 品質スコア(品質インデックス)

このように、ただ入札単価を上げれば良いというものでは無く、 「 品質スコア 」というものがとても重要になってきます。

この「 品質スコア 」というのは何かと言いますと、簡単に言うと、

・ 入札したキーワード
・ 作成したテキスト広告(検索結果に表示させる広告の事)
・ リンク先サイト(テキスト広告のリンク先ページ)


これらの「 関連性を表したもの 」です。

そして
・ クリック率(表示された広告がどのくらいクリックされているか)
これが含まれ、品質スコアが決まります。
※ GoogleAdwordsでは品質スコア。Yahoo!リスティング広告では品質インデックスと呼びます。

本当はその他、
・ アカウント(自分の登録IDのようなもの)の質
・ ドメインの質
とかも影響するのですが、
初めてリスティング広告を行う場合はあまり関係が無いのでここでは省きます。

ですから、主にこの3つの関連性が高ければ高く、尚且つ「 クリック率 」が良ければ良いほど品質が高くなります。

そして、これらの関連性が高くなる事により品質スコアが高いスコアを得られるようになり、 結果、安い入札単価で広告を上位表示させる事が可能になります。

簡単にまとめると「 品質スコア 」はクリック単価を下げる上で 最重要 という事になります。
いま品質スコアが重要な事はご理解いただけたと思いますが、では具体的に品質スコアとはどのような仕組みになっているのでしょうか。 それを学んでみましょう。
品質スコアの重要性を認識しよう。



リスティング広告に関するお悩みはありませんか?無料でご質問・ご相談を承っております。
⇒ リスティング広告に関する無料ご質問・ご相談はこちら。
⇒ リスティング広告を学ぶならリスティング広告代理店 (PPC広告)media resort Top

Copyright (C) 2012 media resort co.,ltd. All Rights Reserved.