トップページ > キーワードツール

キーワードツール


リスティング広告(PPC広告)で利益を上げるにはGoogleAdwordsキーワードツール(以後、キーワードツール)は必須です。
他に一部有料ですとフェレットプラスもおススメです。

実はこれらキーワードツールがリスティング広告を行う上で生命線です

このキーワードツールを使い、ここから出てくるキーワードを入札し、出稿していくわけです。

このキーワードツールの使い方ですが、
いきなり「ニッチキーワード」を入れて調べていませんか?

ちなみにニッチキーワードというのは、あまり検索されないキーワードの事ですが、 そのキーワードから見込み客の心理をより明確に読み取る事が可能です。

いきなりニッチキーワードを入れると余計ニッチキーワードが出てきてしまいますし、 関連キーワードがあまり表示されなくなります。

正しい手順はこうです。

1.そのジャンルの「ビッグキーワード」を入力する。

不妊改善教材を扱いたい場合、このターゲットが検索するであろうキーワードを考えます。
不妊になっている方の目的は何でしょう?
これをまず考える事です。

「不妊」というキーワードはもちろんそうなのですが、
「不妊改善教材だから不妊」
これでは、あまりにも当たり前過ぎるのでライバルが多く存在する可能性が高いです。

このターゲットの目的は 「 妊娠したい 」また「 赤ちゃんが欲しい 」です。

良く考えてみれば当たり前の事なのですが、
「赤ちゃんが欲しい」から「妊娠したい」のです。

だけど現実は辛いですが「不妊」なわけです。

この事から、検索に使うビッグキーワードは
・ 不妊
・ 妊娠
・ 赤ちゃん(子供)
このあたりになってくると予想出来ます。

2.出てきた関連キーワードの
・ 売りたい商品と関連性が高い
・ 単価が安い
・ ライバルが少ない
・ 月間検索数が多い
おおよそ、このあたりを目安に実際に検索して実態を把握します。

この「実際に検索する」は非常に大切です。

このキーワードツールに出てきた事と異なる場合があるからです。

ライバルが少ないと出ているのに沢山存在していたり。
単価が高いのにライバルが居なかったり。
この実態を把握するのは重要ですね。

3.実態を把握して良ければ入札

4.弊社のリスティング広告ノウハウを行い出稿。

5.その後もノウハウを実行。

ここまでで重要なポイントは
「 ターゲットの目線になる。 」 という事です。

これが出来ないと先に進みません。

また、Yahoo!リスティング広告(over ture)もこのキーワードツールを使うようにして下さい。

「 でもこれgoogleでしょう?」
今そう考えたあなたはマインドを改めないといけません。

Yahoo や Google を使って検索している人は、アメリカ人 と 日本人 みたいに言葉や文化が異なりますか?

Yahoo や Google を選ぶのは嗜好の問題であって、同じ日本人だからです。

という事は、思考は同じなので、検索するキーワードも全て同じなのです。

ただYahoo と Googleを使っている人の割合が違うだけ。嗜好の問題だけです。

余談ですが、SEOをされている方にとっては、実はここで物凄く応用が利く事を話してしまっています。

SEOをするにしても、何のキーワードで攻めるか考えますので応用が可能なのです。



リスティング広告に関するお悩みはありませんか?無料でご質問・ご相談を承っております。
⇒ リスティング広告に関する無料ご質問・ご相談はこちら。
⇒ リスティング広告を学ぶならリスティング広告代理店 (PPC広告)media resort Top

Copyright (C) 2012 media resort co.,ltd. All Rights Reserved.